Jones Day | Newsletter Issue Number 33 |  Apr 2017
特集 国外送金の外国為替管理に関する近時の発展

2016年11月以降、中国の規制当局が対外投資及び外国為替管理の監督強化を決定したことが広く報道されている。このような措置の目的は、海外における買収の数量を監視し、米国ドルに対する人民元の為替レート下落に歯止めをかけることにある。これに続き、2017年1月、中国の中央銀行である中国人民銀行及び国家外貨管理局は、それぞれ、外国為替送金及び対外直接投資の規制管理に関する中国政府の将来の方針を一層根拠付ける通知(銀発[2017]9号及び匯発[2017]3 号を公布した。また、中国商務部及び国家発展改革委員会は、対外直接投資案件に対する承認及び届出の要件を強化する規則を公布した。

詳細
中国ビジネス法務Q&A
質問1
500万米国ドル以上の資本の両替ないし送金に対する国家外貨管理局の承認手続にはどの程度の時間を要するか。
詳細
質問2
一連の変更で中国への対内直接投資に関する規制に影響はあるか。
詳細
記事編集者
上海 吴晓雪 (Dana Wu) danawu@jonesday.com
上海 高筱浓 (Paige Gao) pgao@jonesday.com
上海 汪岑天一 (Rosy Wang) rosywang@jonesday.com
東京 花田裕介 (Yusuke Hanada) yhanada@jonesday.com
東京 藤本博之 (Hiroyuki Fujimoto) hfujimoto@jonesday.com
中国プラクティス弁護士連絡
上海 黄敏琪(Angel Huang) ahuang@jonesday.com
北京 唐承慧(Jessie Tang) jtang@jonesday.com
香港 刘秀丽(Joelle Lau) joellelau@jonesday.com
台北 陳世杰(Jason Chen) jchen@jonesday.com
東京 森雄一郎(Yuichiro Mori) ymori@jonesday.com
免責事項
本メールマガジンに含まれる情報は、特定の事実や事情に関する弁護士の法的なアドバイスではないことにご留意ください。
本メールマガジンに含まれる情報は著作権の対象となります。閲覧者は一般的な情報として本メールマガジンの内容を個人的、非商業的に利用することは可能ですが、発行者の許可なく改変、複製、転載、変更、翻案、翻訳、再配布等することはできません。
本メールマガジンの配信及び受領においては、発行者(弁護士)とクライアントの関係の構築を意図としておりません。

配信停止
本メールの内容がお役に立てば嬉しく思います。しかしながら、今後、当事務所から本メールマガジンをお受け取りになりたくない場合は、こちらに配信停止のご連絡をお願いいたします。

質問・意見
本メールに関して、ご質問又はご意見がございましたら、本メール記載の弁護士連絡先又はこちらまでご連絡ください。
中国法に関する最新情報

中国法に関する最新情報は、以下のリンクよりご覧になれます。

Chinese Antitrust Enforcement Against Tying, Exclusive Dealing, and Loyalty Discounts

Telemedicine Services Reimbursable in Guizhou Province of China, Digital Health Law Update, Vol. II, Issue 5

中国における最新の案件

ジョーンズ・デイが担当した最新の案件は、以下のリンクよりご覧になれます。

Actions Semiconductor privatized through MBO

ARA Asset Management forms ARA Harmony VI

過去のニュースレター
・China Newsletter vol.32
・China Newsletter vol.31

>>バックナンバー一覧を見る
Jones Day
ジョーンズ・デイ法律事務所

 ジョーンズ・デイは、中国において20年以上業務を展開しており、拡大し続ける市場の中で、クライアントの皆様が、投資、金融、ビジネス等における目標を達成できるよう支援しています。1999年に上海オフィスを開設後、香港、台北、北京にオフィスを開設し、汎中国において最大規模を誇る国際法律事務所の一つとなりました。現在は汎中国に100名以上の弁護士を擁し、ジョーンズ・デイの中国におけるサービス提供の地域的範囲・利便性は、ますます拡大しています。

 ジョーンズ・デイは外資系企業のみならず、中国企業・機関をも代理し、中国国内外の投資活動におけるリーガルサービスを提供しています。ジョーンズ・デイの中国オフィスはM&A、海外直接投資(FDI)に関する様々なニーズに応え、内資、外資を問わず、上場企業、非公開企業、投資ファンド等に対し、ローカル、リージョナル、グローバルといずれの局面においても豊富な経験に基づき、リーガルサービスを提供しています。その他にも、合弁会社及び外資系企業の子会社の設立、知的財産権、不動産、国有・外国資本の処分・再編等、一般企業法務並びに金融に関する案件に深い知識と経験を有しています。

 ジョーンズ・デイ法律事務所は、中国全域におけるジョーンズ・デイのオフィスと密接に連携を取りながら、その豊富な経験と最新の法制、規制についての情報に基づき、最適な投資形態を選択するためのアドバイスとその後のサポートをしています。また、増加しつつある紛争案件につきましても、各オフィスを通じて、中国において迅速かつ適切に攻撃・防御が行えるように、態勢を整えています。

 ジョーンズ・デイの中国プラクティスについてさらなる情報をお求めの方は、当事務所のホームページもご覧いただければ幸いです。
ジョーンズ・デイの 法律業務 >>
ジョーンズ・デイ法律事務所
東京都港区虎ノ門 4丁目1番17号 神谷町プライムプレイス
Copyright 2007-2017 JONES DAY. All Rights Reserved.