JONES DAY Alert
November 2015
JONES DAY
ALERT
中国は医薬品特許に強制実施権を設定するのか?

2015年9月9日、中国の国家衛生・家族計画委員会(NHFPC)は、がん治療に関する3カ年行動計画(2015年~2017年)を公表しました。その方策の一つとして、がんに対処すべく社会の能力を向上させるために提案されているのが特許に係る強制実施権です。

「・・・特許の強制実施権を通じて、高まりつつある医薬品利用の実現可能性を模索している。未だ国内企業が複製品を製造することができない医薬品に関して、我々は、医薬品の調達価格を安くするといった方法で、関連する医薬品の商業化の促進に医薬品価格交渉を活用すべきである。」

NHFPCのメッセージは曖昧で、世間では、政府が特許で保護された医薬品を社会に普及させるために強制実施権を用いるのではないか、又は医薬品の価格交渉における値引き圧力に強制特許実施権を用いるのではないかと推測されています。

強制特許実施権の契機は、NHFPCの医薬品政策部が「政策研究と事例分析による医薬品業界における強制実施権の国際的運用」を最優先と位置付けて2015年の研究計画を公表した2015年初頭から形成されています。その後、NHFPCは、医薬品特許に係る強制実施権許諾に関する他国での実績から教訓を引き出すために中国のトップクラスの薬科大学を選定しました。

また2012年、中国国家知的財産局(SIPO)は、詳細な特許強制実施権規則を公表し、強制実施権の設定の申請者向けの手順が示されました。SIPOはこれまで強制実施権を設定していないものの、NHFPCの3カ年行動計画は、創薬企業が中国における特許から得られる完全な利益を失うことを避けるために事前の対策を講じる必要があることを警告するものと受け止めるべきです。



ジョーンズ・デイは、世界中のライフサイエンス業界のクライアントの皆様が直面する重要な法律上の問題を検討するセミナーを、2015年9月から四半期毎に東京で開催致します。
参加費は無料です。
過去のバックナンバー
CONTACTS
ライフサイエンス・セミナー
グローバル汚職リスクとライフサイエンス業界におけるベストプラクティス

2015年12月9日
ジョーンズデイ法律事務所
東京都港区虎ノ門

詳細はこちらでご確認ください
免責事項
本メールマガジンに含まれる情報は、特定の事実や事情に関する弁護士の法的なアドバイスではないことにご留意ください。
本メールマガジンに含まれる情報は著作権の対象となります。閲覧者は一般的な情報として本メールマガジンの内容を個人的、非商業的に利用することは可能ですが、発行者の許可なく改変、複製、転載、変更、翻案、翻訳、再配布等することはできません。
本メールマガジンの配信及び受領においては、発行者(弁護士)とクライアントの関係の構築を意図としておりません。

配信停止
本メールの内容がお役に立てば嬉しく思います。しかしながら、今後、当事務所から本メールマガジンをお受け取りになりたくない場合は、こちらに配信停止のご連絡をお願いいたします。

質問・意見
本メールに関して、ご質問又はご意見がございましたら、本メール記載の弁護士連絡先又はこちらまでご連絡ください。
ジョーンズ・デイ法律事務所
東京都港区虎ノ門 4丁目1番17号 神谷町プライムプレイス
© 2015 JONES DAY. All Rights Reserved