JONES DAY Alert
September 2015
JONES DAY
ALERT
ドイツでのヘルスケアシステムにおける汚職行為の刑罰化

2015年7月29日、ドイツ政府は、ヘルスケアシステムにおける汚職行為を取り締まる法案("Entwurf eines Gesetzes zur Bekämpfung der Korruption im Gesundheitswesen", 以下「法案」)を承認しました。これによって、ドイツのヘルスケアシステムにおける汚職行為撲滅に向けた重要な一歩が踏み出されました。それと同時に、この法案には解釈の余地のある用語が使用されていることもあり、多くの課題が残されているといえます。この法案が提出された後、ドイツ議会で長期に渡る議論を招くことになりましたが、議論は進展しており、最終的に採択される可能性がかなり高まっています。これを受けてライフサイエンス企業としては、ドイツでのヘルスケア・プロフェッショナルとの交流に関するコンプライアンス・プログラムを検討する必要があります。

法案の背景

ドイツ連邦裁判所は、2012年、自営のヘルスケア・プロフェッショナルが公務員にも公的保険業者の代表者にも当たらないため、既存の汚職行為防止法の制約を受けないと判示しました。ヘルスケアシステムにおける汚職行為については、既に専門家に対する規制や医薬品の販売促進に関する規制に基づき制裁を受けることになっていましたが、ドイツ立法府は、刑事罰も必要であると判断したのです。

法案の影響を受ける者

法案は贈賄・収賄の双方を対象とします。収賄側についていえば、規制業種で働く全てのヘルスケア・プロフェッショナルが影響を受けることになります。これには、医師や薬剤師だけではなく、看護師、理学療法士に加えて、規制を受けている教育課程を経ていたり、許可を取得して初めて職業資格を保有することができるその他のヘルスケア・プロフェッショナルをも含みます。贈賄側についていえば、医薬品、医療機器、その他の医療用製品、更には患者の治療やラボでの分析等の、ヘルスケア製品・役務に関わる全ての者に適用されます。法案では、製品に関する規制で用いられる分類と、ヘルスケア費用償還に関する社会保障規制で用いられる分類の双方が用いられています(例えば、製品に関する規制に基づく分類である「医療機器」と、償還に関する法に基づく用語である「医療扶助」(製品規制の視点から見ると「医療機器」を表していることになる)の双方を列挙すること等)。しかし、この製品分類は、医療用製品の限界領域に関わるような例外的な場合を除き、一般的にいえば過去の判例で十分に定義されています。

「汚職行為」の定義

法案は、「汚職行為」を二つの要素を基にして定義しています。まず、供与し若しくは供与され、約束又は要求された「便益」が存在しなければなりません。便益には、広く有形・無形の便益を含みます。また便益には、会議への招待や、役務提供契約に基づき支払われる対価(独立第三者価格)をも含み、また指定された第三者(例:ヘルスケア・プロフェッショナルの家族の一員)への便益も含みます。次に、供与し又は供与された利益との関連性がなければなりません。これは大事な要素です。法案は二つのシナリオを考慮しています。一つ目は、(i) 競合者との比較において不当に有利な製品又は役務を提供する場合であり、二つ目は、(ii) 便益から独立した医療上の選択に関する専門家倫理規範の違反の場合です。一方で、法案では、ヘルスケア領域における正当な協力や、その結果として発生する報酬には影響を与えないものとしています。専門家が、専門家同士で交流したり、産業界及び役務提供者と交流するといった、ヘルスケア領域における高い協調的な性質を踏まえると、正当な協力と違法な便益を区別するのは難易度が高いといえます。

この法案の違反は、訴訟が提起された場合にのみ追及することができます。公的保険業者は立法の早期の段階で汚職行為と戦うためのタスクフォースを立ち上げています。もし明白な違反が通告されれば、そのタスクフォースは訴訟を提起することになりそうです。法案違反による刑罰は、罰金又は三年以下の懲役であり、特定の重大な事件では、三か月以上五年以下の懲役となります。夏が終わると政治的議論が再開されます。産業界としては、ドイツにおけるヘルスケア・プロフェッショナルとの関係について、とりわけ医薬品又は医療機器の処方・購入のインセンティブとの関連において、前向きに検討を行う必要があると考えられます。



ジョーンズ・デイは、世界中のライフサイエンス業界のクライアントの皆様が直面する重要な法律上の問題を検討するセミナーを、2015年9月から四半期毎に東京で開催致します。
参加費は無料です。

なお、初回のセミナーは、2015年9月17日14時に東京都港区所在の泉ガーデンにおいてライブ形式で開催し、二回目以降のセミナーは、東京都港区所在の当事務所においてテレビ会議形式で開催致します。

ご参加をご希望される場合には、本セミナー担当者seminar@jonesday.jp宛に参加者の氏名・会社名・メールアドレスを9月3日までにご連絡頂けますようお願い致します。
過去のバックナンバー
CONTACTS
ライフサイエンス・セミナー
ライフサイエンス業界における法執行及びコンプライアンスの最新動向 ~資金提供情報の開示、医師主導型臨床研究、適応外使用、汚職防止に関する米国、ヨーロッパ、中国及び日本の法規制を中心として~

2015年9月17日
泉ガーデン
東京都港区

詳細はこちらでご確認ください
免責事項
本メールマガジンに含まれる情報は、特定の事実や事情に関する弁護士の法的なアドバイスではないことにご留意ください。
本メールマガジンに含まれる情報は著作権の対象となります。閲覧者は一般的な情報として本メールマガジンの内容を個人的、非商業的に利用することは可能ですが、発行者の許可なく改変、複製、転載、変更、翻案、翻訳、再配布等することはできません。
本メールマガジンの配信及び受領においては、発行者(弁護士)とクライアントの関係の構築を意図としておりません。

配信停止
本メールの内容がお役に立てば嬉しく思います。しかしながら、今後、当事務所から本メールマガジンをお受け取りになりたくない場合は、こちらに配信停止のご連絡をお願いいたします。

質問・意見
本メールに関して、ご質問又はご意見がございましたら、本メール記載の弁護士連絡先又はこちらまでご連絡ください。
ジョーンズ・デイ法律事務所
東京都港区虎ノ門 4丁目1番17号 神谷町プライムプレイス
© 2015 JONES DAY. All Rights Reserved